いざというときに迷わないために香典返しのマナーなどを知る

金額の相場

香典返しとは、当たり前のマナーとして行うべきことです。これには金額が定められているわけではありませんが、一般的には千円程度のものをお返しするのが無難とされています。

カタログギフト

結婚式の引き出物選びならこちらから|ギフトアンドライフ

気の利いたものを用意したいですよね。香典返しはこちらのショップで購入しましょう!販売実績も十分なので信頼できますよ!

香典返しについて注意すべき点について

仏壇における香典とは、葬儀が行われた際に故人と縁があった人々が、訃報を知り駆け付ける際におさめるものです。そのため、仏壇における香典とは故人との縁の深さやお参りをしてくださる人の年齢により、金額が様々です。 仏壇における香典返しとは、故人が亡くなってから35日から49日の抱擁のころに送るということに注意しないといけません。また送る品は消耗品であるタオルやせっけんなどを送ることが多いです。また、仏壇の香典返しに費用としては、頂いた香典の半分くらいの値段の品を送ることに注意すべき点です。また故人が世帯主である場合は、家族の今後の生活のことなどもあり香典として頂いた費用の3分の1程度の金額の品を送るとも言われています。

香典の返しで知っておくと良い情報について

仏壇の香典返しで知っておくと良い情報ですが、故人との縁の深さやお参りしていただける人の年齢によって香典返しの費用も変化してきます。最近では、香典返しをカタログギフトで行う人が多いです。カタログギフトは、金額に応じてのカタログがあるため、頂いた香典の金額に応じてそのカタログを送るということが行われています。最近カタログギフトが流行しているのは、お参りしていただいた人がほしい商品を選んでもらえるということから大変人気です。また、香典返しを選ぶ側も、仏壇の香典返しの品としていくつも同様のものが蓄積されていっても消費するのが困難であるため、選択するのが困ります。そのため、カタログギフトを送ることにより香典返しの品を選ぶことが容易に済ますことができます。

こだわり抜いた商品をお届け。気持ちが伝わる香典返しをお探しならこちらのサイトをご利用下さい。品数はとっても豊富です。

相手が喜ぶもの

新築祝いなど、日本には贈り物をする機会が多く設けられています。なかには、何を選べばいいか迷ってしまう人もいるかもしれませんが、大切なのは気持ちです。相手が喜ぶ顔をイメージしながら、商品を選びましょう。

マナーを身につける

生活していくにあたり、マナーとは非常に欠かせないものです。香典返しにもマナーがあり、これを抑えておかなくては失礼にあたることも。せっかくの行為を無駄にしないために、確実の抑えておきましょう。

Copyright (c) 2015 いざというときに迷わないために香典返しのマナーなどを知る all reserved.